LINE公式アカウント

LINE公式アカウントの友達を増やす方法5選!LINE広告のCPAは?

Lステップ初心者
LINE公式アカウントの友達が全然増えない…

どうすれば効率よく友だち数を増やすことができるの?

おすすめの友達追加施策を知りたい!

上記のように、LINE公式アカウントの友だち数が思うように増えないとお悩みになっている方も多いのではないでしょうか?

LINE公式アカウントはビジネスを行う上で素晴らしい機能が多数取り揃っていますが、友達追加してもらわないと効果が発揮されません。

折角頑張ってLINE公式アカウントを構築したのであれば、ぜひ多くの人にリーチさせマーケティングに活かしたいですよね?

そこで本記事では、LINE公式アカウントの友達を増やす方法について5つの施策をご紹介します。

ぜひ、あなたのLINE公式アカウントの友だち追加施策の参考にしてください。

1:LINE公式アカウントの友達を増やす効果的な方法5選!

LINE公式アカウントはメルマガのように一斉配信することができます。

LINEでは友達ひとりひとりにメッセージを送る必要がありますが、LINE公式アカウントだと友達に対して同じメッセージを一斉に配信することが可能。

つまり、レバレッチが効くのです。

また、友だち数が増えることにより、お店の情報や商品をシェアしてくれる可能性があり、認知度向上に繋がります。

LINEは友達や家族とコミュニケーションを取るツールなため、口コミによる拡散の効果は期待できます。

なので、LINE公式アカウントの友達は積極的に増やしたほうが売上アップに繋がるという訳です。

LINE公式アカウントの友達を増やす効果的な方法は以下の通りです。

LINE公式アカウントの友達を増やす施策5選

・友達追加特典を与える
・お客様に声をかける
・SNSを活用する
・Webサイトに友達追加の施策を入れる
・LINE広告を活用する

ひとつひとつ見ていきましょう。

1:友達追加特典を与える

LINE公式アカウントの友達を増やすために重要なのが友達追加特典です。

お客様にただ「LINE登録お願いします」とブログのサイドバーにバナーを貼っただけでは友達追加はほとんどされません。

お店であれば、テーブルにQRコードを置くだけだったり、壁にPOPを貼っただけでは友達追加されることは少ないでしょう。

お店での声かけの際も、「LINEへの登録をお願いします。」というだけでは、友達追加してくれる可能性は低いです。

では、どうすれば友達追加してもらえるのか?

そこで大事なのが相手に友達追加することのメリットを与えるということ。

例えば、友達追加で

サイドメニューの無料券がもらえる

10%OFFクーポンをプレゼント

LINE友達追加者限定の裏メニュー

などなど、友達追加するとお客様に喜んでもらえるメリットを与えると友達追加してくれる可能性が上がります。

また、コーチ・コンサル業など無形商品を扱っている場合は、希少性の高い情報やノウハウをまとめたPDFや動画などをプレゼントとして渡すケースが多いです。

リードマグネットを用意する場合は、「お客様はなにを求めているのか?」を考えて特典を作るのが大事です。

2:お客様に直接声をかける

LINE公式アカウントを実店舗で使っている場合は直接お客様に声かけをしてみましょう。

特に経営者様は従業員に声掛けを徹底するよう指導することをおすすめします。

例えば、飲食店ではお客様のご来店時やレジで会計するときに一声かけたり。

美容室やサロンでは診断の前や施術後などに友達追加を促すといいです。

また、お客様に友達追加してもらうためのQRコードを用意しておくことで、スムーズに友達追加をしてもらいやすくなります。

QRコードはテーブルの上にポップを置いたり壁にポスターを貼ったり、お客様の目に入りやすい場所に設置するのがコツです。

美容室や美容サロンの場合はスタッフがお客様へ名刺を渡す機会がありますが、名刺にLINE公式アカウントのQRコードを記載しておくと自然に友達追加の声かけができます。

飲食店ではテイクアウトのチラシやメッセージカードにQRコードの記載をするというやり方もあります。

なにかを渡す際にLINE公式アカウントの友達追加のQRコードを記載しているものを用意して、声かけしながら渡すと友達が増える可能性が高まるでしょう。

3:SNSを活用する

店舗以外でのLINE公式アカウントの友達を増やすのにおすすめなのがSNSを活用することです。

例えば、YouTube、Twitter、Instagram、Facebook、TikTok、など様々なSNSを活用すると効果的です。

具体的な活用法として、スポーツジムやスクールを運営している場合だとInstagramやYouTubeで動画や画像で紹介して、友達追加URLを貼ってLINE公式アカウントに誘導する方法があります。

様々なSNSでLINE公式アカウントを宣伝したときに友達追加がどのSNSから多いかを分析できるため、いろんなSNSを活用して最も効果的なSNSを把握しておくといいでしょう。

SNSは普段からの発信で無料でLINE公式アカウントの友達追加を促すことができるため、積極的にSNSの発信をすることを推奨します。

ただし、注意点があります。

1つ目の注意点はSNSでの友達追加施策は時間がかかるということ。

SNSはSEOと同様にじっくり媒体を育てていく必要があります。

なので、SNSを運用する場合は長期的な視野を持って取り組んでいきましょう。

2つ目の注意点としては、あれこれ手を出さないということ。

まずは一つのSNSに注力を注ぎ、じっくり育てていくことをおすすめします。

SNSは無料で活用できるため、媒体が育てば強力な無料集客装置となります

もし、「LINE公式アカウントの友達を増やしたい!」とお考えであれば、ぜひSNS集客にチャレンジしてみることをおすすめします。

4:Webサイトに友達追加の施策を入れる

自社のWebサイトにもLINE公式アカウントの友達追加の施策を入れましょう。

Webサイトに友達追加ボタンの設置とQRコードを添付しておくといいのですが、一ヶ所だけでなく目に入りやすい場所に掲示しておくことが大事です。

例えば、スマートフォン用のWebサイトの施策として追尾ボタンを利用して、ユーザーが画面をスクロールしても常に友達追加ボタンがタップできる状態を作っておいたり。

ポップアップツールを使って、ページを閉じようとするタイミングでバナーを表示させるというやり方もあります。

ちなみ、ポップアップツールでおすすめなのは「賢瓦」というヒートマップツールです。

賢瓦公式HP

「賢瓦」はLPの離脱箇所やクリック箇所を計測するヒートマップツールですが、ポップアップツールも用意されています。

しかも、ヒートマップとポップアップツールも無料で利用できるという超太っ腹対応なのです!

特にLPからの集客をお考えであれば、「賢瓦」を導入していないと損するかもしれません。

とは言っても、あまりにも友達追加バナーが多かったりするとユーザーに不快感を与えかねないため、適切な数と場所を選んで広告バナーを設置するようにしましょう。

5:LINE広告を使う

出典:LINE for Business

実店舗でLINE公式アカウントを運用されているのであれば、LINE公式アカウントを認証アカウントにし、LINE広告を使うのが最も友達獲得に効果がある手法と言えます。

LINE広告とははLINEトーク画面の上段やLINE BOOM、LINEニュースに表示される広告のことを指します。

このLINE広告はLINE公式アカウントを認証アカウントにしないと使えない機能となります。

なので、もしLINE広告を使いたいのであれば、認証アカウント申請をする必要がありますが、審査の際LINE社から目視が入るので無形商品を扱っているようなコーチ・コンサル業や情報販売業は垢BANされる可能性があるので注意が必要です。

LINE公式アカウントが垢BANされた!原因と対処方法

LINE公式アカウントはLINE社の判断により、強制的にアカウント停止されることがあります。 属にいう垢BANです。 垢バンされると、せっかくLINEで集めた顧客リストを失う恐れがあり、一度垢BANさ ...

続きを見る

実店舗であれば、認証アカウントになる可能性が高いのでLINE広告を普通に使える確率は高いでしょう。

LINE広告のCPA(顧客獲得単価)は?

ちなみに、LINE広告はユーザーが友だち追加したタイミングで費用が発生します

参考までに一人辺り友達を獲得する費用(CPA)は150~300円と言われています。

つまり、LINE広告に月30000円出稿すれば、友達100人は獲得できる可能性が高いです。

友達100人につき、5%来店したとして、飲食店の客単価が3000円であれば、

5人×3000円=15000円

と赤字になるように見えますよね?

でも、「そのお客様が再来店してくれれば?」、「そのお客様が友達を誘ってくれたら?」と長期的な視野(LTV)で考えると大幅な黒字になると考えられます。

友達追加してくれた方をいかに実店舗に足を運んでもらう施策として、LINE公式アカウントやLステップを活用するのが今後の売上を大きく左右します。

LINE広告を扱うのであれば、集客からゴールまでの導線づくりもしっかり考えたほうが良いでしょう。

まとめ

以上、LINE公式アカウントの友達追加施策について5つご紹介しました。

年々LINE公式アカウントを導入している企業は増えていて、商品の案内や宣伝をして来店頻度を上げたり商品の購入に繋げています。

また、LINE公式アカウントの機能を拡張したLステップを導入する企業も増えて、Lステップでメッセージの自動化をしたりリッチメニューを自社好みに作って、ユーザーの興味や関心を上げて成約に繋げて売上を上げています。

LINE公式アカウントやLステップを上手に活用し、友達追加方法を確認しながら、自社の顧客アップ・売上アップを目指していきましょう!

-LINE公式アカウント

Copyright© LINEシクミカLabo , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.