Lステップ

【Lステップ】セグメント配信のメリットと設定方法(一斉配信とシナリオ配信)

Lステップ初心者
・Lステップのセグメント配信って何?

・セグメント配信はどうやって行うの?

・そもそもセグメントを分けるメリットは?

Lステップの機能の一つに「セグメント配信」があります。

セグメント配信とは、一部のLINE登録者のみに配信を行うことができる機能のことを言います。

セグメントを分けることにより、興味のある対象者にピンポイントで配信できるため、反応率の向上が期待できます。

使いこなせば非常に便利なセグメント配信ですが、以下のような疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

セグメント配信ってなに?

セグメント配信のメリットは?

・実際にセグメント配信を行いたいけれど、どうすればいいの?

そこで本記事では、Lステップのセグメント配信のやり方やメリットについて詳しく説明します。

既にLステップを利用している方も、これからはじめようという方もぜひ参考にしてください。

Lステップのセグメント配信とは?

セグメント配信とは、LINEの登録者全員ではなく、興味のある友達を絞り込んでメッセージを送信できる機能のことをいいます。

条件を設定することによって、年齢や性別、都道府県名などを基にセグメント分けが可能になります。

例えば、30代女性で大阪府に住んでいる方のみに大阪で行われる小顔の作り方セミナーの案内を配信すれば、セミナー参加も期待できますし、セミナー終了後のバックエンドの成約率の向上にも繋がります。

ちなみに、LINE公式アカウントのセグメント配信で絞り込める属性は以下の通りです。

・性別

・年代

・居住地(都道府県まで)

ただ、上記の属性はLINE公式アカウントが独自に調査した「みなし属性」のため、正確性は不十分です。

対して、Lステップのセグメント配信は、LINE公式アカウントよりも正確性に優れ、友達が一人からでも絞り込みが可能です。

絞り込みも年齢や性別はもちろんですが、

・Instagramから登録した人

・商品を購入した人

・アンケートに回答した人

など、細かい条件でのセグメント配信が可能です。

例えば、ドラッグストアを経営している場合、「ヘアケア製品の購入履歴がある20代女性」という属性を絞り込んでのクーポン配信が可能です。

興味関心のあるユーザーにのみ配信が可能なため、反応率アップや顧客満足度の向上、コスト削減が期待できます

セグメント配信のメリット

続いて、セグメント配信のメリットについて説明します。

メリットは3つあります。

セグメント配信のメリット

(1)反応率の向上

(2)配信数の削減

(3)成約率の増加

順に説明します。

(1)反応率の向上

Lステップのセグメント配信を行うことで反応率の向上が期待できます。

通常配信の場合は、配信内容に興味がない人にも送付されるためブロックされる可能性があります。

例えば、ドラッグストアが女性化粧品のクーポンを配信する場合、30代男性に配信してもブロックされるかもしれません。

逆にLステップのセグメント配信を有効活用し、「直近で購入履歴のある女性」に絞ってセグメント配信を行うと反応率の向上が期待できます。

(2)配信数の削減

Lステップのセグメント配信を活用することで配信数の削減につなげることができます。

LINE公式アカウントの場合は従量課金制のため、メッセージの配信数によってかかる費用が変わってきます。

費用削減のためには、興味のある該当者のみ配信する方法が一番です。

Lステップのセグメント配信では、属性を細かく分析することが可能なため、特定の該当者のみ配信を行えます

興味のある人にのみ配信を行えるため、配信数の削減が期待できます。

(3)成約率の増加

Lステップのセグメント配信を行うことで成約率の増加が期待できます。

属性によって区分けすることで興味のある人にのみ配信することが可能なためです。

例えば、アンケートで美容に興味があると回答した人にのみ、ヘアケア商品のクーポンを配信することで来店率の向上につなげることができます。

サービス業を生業としている人にとって、セグメント配信は非常に便利な機能だと言えます。

Lステップでセグメントを行うには?

Lステップでセグメント配信を行うには、以下の方法で顧客情報を事前に収集する必要があります。

Lステップで顧客情報を収集する方法

(1)回答フォームを使う

(2)リッチメニューを使う

(3)流入経路を分析する

順に説明します。

(1)回答フォームを使う

回答フォームでのアンケートを用いる方法です。

ただし、アンケートはユーザーが回答しないと情報収集できないため、いかにして回答率を高めるかが課題です。

例えば、アンケート回答後にクーポンが当たるおみくじを配布するなどといった工夫が必要です。

【Lステップ】回答フォームの便利機能をご紹介♪コレで集客・売上も瀑上げ!

突然ですが、Lステップの機能改善が毎週行われていることはご存知でしょうか? 実はユーザーの声を基に、Lステップの開発メンバーが毎月会議を行い、完成したものから毎週リリースを行っています。 中でも利用者 ...

続きを見る

(2)リッチメニューを使う

リッチメニューからアンケートを取得することも可能です。

リッチメニューはレイアウトの自由度が高く、工夫次第で多数の情報を獲得することが可能です。

(3)流入経路を分析する

ユーザーがどの媒体から友達登録をしてくれたかを調査することを流入経路分析と言います。

TwitterやInstagramなどに流入経路を設定しておくだけで、どこからの流入かを計測することができます。

セグメント配信のやり方を解説

続いてセグメント配信の方法を解説します。

発信方法は以下の通り2種類あります。

一斉配信

シナリオ配信

一斉配信

一斉配信からセグメント配信する方法をお伝えします。

1 左メニューから一斉配信→新規配信をクリックします。

2 送信先を指定→友達を絞り込んで配信するにチェックを入れます。

3 絞り込み条件を設定します。

4 配信日時やメッセージを入力し、登録完了です。

 

シナリオ配信

1 左メニューから→シナリオ配信→新しいシナリオをクリックします。

2 対象の絞り込みから条件を設定します。

3 配信したいシナリオを登録し、完了です。

まとめ

以上、Lステップでセグメント配信を行う方法とメリットについて解説しました。

セグメント配信のメリット

・反応率の向上

・配信数の削減

・成約率の増加

セグメント配信の方法

・顧客情報の収集

・一斉配信orシナリオ配信を登録する

Lステップのセグメント配信を有効活用すれば、購入率のアップやブロック率の低下、配信数の削減につなげることができます。ぜひ積極的に活用しましょう。

Lステップをもっと学びたいあなたへ

  • この記事を書いた人

12a0527

-Lステップ

Copyright© LINEシクミカLabo , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.